豆腐ようは紅濱 トップ 会社案内:ご挨拶 沖縄 唐芙蓉 泡盛 フルーツ酢 ショッピング お客様の声通信 豆腐ようを使った沖縄健康料理レシピ スタッフブログ 会社概要 特定商取引法
ホッとがんじゅう話し~沖縄発 健康コラム~:酒・つまみなら紅濱

その他(8)

メタボリック(3)

生活習慣病(3)

運動(1)

私達が担当しています

スタッフ紹介
新店長のフサトです!
毎日楽しく頑張ってます。

唐芙蓉物語
はじめての方へ

マンゴーゼリーギフト

沖縄青果

大好評!宮古島産ギフト用完熟マンゴー
健康コラム

トップ > ホッとがんじゅう話し~沖縄発 健康コラム~ > 生活習慣病 > がん予防は、食事のカラーコーディネートで!

がん予防は、食事のカラーコーディネートで!

がん予防は、食事のカラーコーディネートで!

果物や野菜は鮮やかな色を持っています。この色素成分はファイトケミカルとも呼ばれ、毎日多彩なファイトケミカルを摂取することで、がん発症のリスクを低くすることができるといわれています。


★アメリカの癌予防研究グループは、果物や野菜を7色のカラーグループに分類し、毎日各グループから一皿ずつ食品を選択するように推奨しました。つまり、毎日7色の果物・野菜を摂りましょう、ということです。
★その7色とは以下のとおりです。

【赤】トマト、トマトジュースなどトマトの加工品。(代表的な物質名:リコピン)
【赤紫】ぶどう、赤ワイン、ブルーベリーなど。紅芋もこのグループになります。(アントシアニン)
【オレンジ色】にんじん、マンゴー、かぼちゃなど。(β-カロテン)
【黄橙】メロン、桃、みかん、パパイヤ、オレンジなど。(β-クリプトキサンチン)
【黄緑】ほうれん草、アボカド、メロンなど。(ルチン、ゼアキサンチン)
【緑】ブロッコリー、ケールなど。(スルフォラファン、インドール)
【薄緑】ねぎ、たまねぎ、にんにくなど。(硫化アリル)

さて、あなたは今日何色摂りました?
3色? 5色? まだ食べていない色がありますか?
専門的な知識がなくても、栄養バランスは「天然色」でコーディネートできるのです。
それが自然の恵みなのでしょうね。

★人が癌にかかる原因は、遺伝的な要素、疾患の部位、生活習慣、さらされている環境などによって様々であり、いろいろな要素が複合的に重なって発症します。
★ですから、よく「抗酸化物質が癌の予防になる」といわれますが、決して単一の成分だけで予防できることではないのです。できるだけ多種類の抗酸化物質を摂取する食生活が望まれるのです。
★植物に含まれる色素成分(ファイトケミカル)は、日光の紫外線などから自身の細胞や遺伝子を守るための抗酸化物質です。また、抗酸化力だけでなく生理的作用も持っているものが多く、ファイトケミカルを日常的に多種類を摂取するには、色とりどりの果物や野菜を食べることが最も適しているわけです。
★緑黄色野菜を食べましょうとか、日本でも、アメリカでも、世界保健機構でも野菜や果物の摂取基準値や目標量が定められ推奨されているのは、こういう科学的な根拠に基づいているのです。


紅濱の唐芙蓉(豆腐よう)は、沖縄産業祭県知事賞受賞した他、テレビ・雑誌等、多数のメディアで紹介されている人気商品です。酒のつまみなら紅濱