会社案内:酒・つまみなら紅濱
豆腐ようは紅濱 トップ 会社案内:ご挨拶 沖縄 唐芙蓉 泡盛 フルーツ酢 ショッピング 豆腐ようを使った沖縄健康料理レシピ スタッフブログ 会社概要

私達が担当しています

スタッフ紹介
店長の徳永です。
毎日楽しく頑張ってます。

はじめての方へ

沖縄県推奨「優良県産品」

トップ >   >  » 会社概要

会社案内:酒・つまみなら紅濱

» 会社概要

%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%83%93%E3%83%AB%E5%85%A8%E5%AE%B9.jpg
商号 株式会社 紅濱
資本金 1000万円
所在地 【本社】 〒901-2123 沖縄県浦添市西洲2-2-2 琉球セメントビル5F tel: 098-870-1150 Fax: 098-870-1079 email: info@benihama.jp URL:https://www.benihama.jp 【工場】 〒905-0008 沖縄県名護市宇山入端162
設立 1993年
代表者 代表取締役社長 小西正宣
事業目的 ・農産、水産、畜産保存食品の製造、加工、販売 ・豆を原料とする食品類の製造、加工、販売 ・生鮮食品、加工食品、冷凍食品の販売 ・酒類、清涼飲料、嗜好飲料及び調味料の販売
主な取引先 沖縄県物産公社、(株)沖縄物産企業連合、 ザ・ブセナテラス、ルネッサンスリゾートオキナワ、㈱リウボウインダストリー、㈱ブライダルハウスチュチュ 三井食品㈱、三菱食品㈱、国分㈱、日本酒類販売㈱、リンベル㈱、㈱昭和、高島屋、他
紅濱 食品事業の経緯
1985年 豆腐よう開発試験開始
1989年 豆腐よう販売開始
1991年 「唐芙蓉」と商標登録”沖縄県優良県産品推奨”を得る
1993年 株式会社紅濱 設立 「琉球酒盗」 販売開始
1997年 「白い唐芙蓉(豆腐よう)」 販売開始 「果実酢・フルー酢」 販売開始 「パイン果実酢」 ”沖縄県産業祭り 県知事優秀賞”受賞
1998年 「白い唐芙蓉(豆腐よう)」 ”沖縄県優良県産品推奨”を得る 「フルー酢(シークァーサー)」 ”沖縄県産業祭り 県知事優秀賞”受賞
1999年 NHK「きょうの料理、うまいもの名鑑」にて唐芙蓉(豆腐よう)の紹介 日本テレビ「どっちの料理ショー」にて酢豚に果実酢(パイン)を使用
2002年 「大地の粒」 ”平成14年度全国地場産業優秀技術・製品表彰 優秀賞”受賞
2004年 「ねり唐芙蓉(豆腐よう)」 ”第26回 那覇物産展 那覇市長優秀賞”受賞
2006年3月 ☆フルー酢(タンカン)ふるさと食品フェア(財)食品産業センター会長賞受賞
2007年1月 ☆唐芙蓉泡盛ミニボトルセット 第29回 那覇の物産展 奨励賞受賞
2009年4月 平成20年度 地域食品開発等支援事業(農水省補助事業)「沖縄の果物を使用した果実酢商品の開発」で、琉球セメント㈱、名護珈琲、JAと共同開発。飲むフルーツ酢を商品化
2017年8月 ☆「飲むフルーツ酢200ml(シークヮーサー)」第22回グルメ&ダイニングスタイルショー2017
ビバレッジ部門準大賞受賞
2019年3月 NHKBS「ひと皿の魔法」NY天才シェフ(デビッド・ブーレイ氏)日本修業の旅にて来沖し「唐芙蓉」紹介
2019年5月 「毎日酢」販売開始
「飲むフルーツ酢4種「唐芙蓉」名護市特産品認定
2019年8月 「毎日酢」WOJ認定 (WELLNESS OKINAWA JAPAN)
開発研究の経緯
1995年 (株)トロピカルテクノセンターと「豆腐よう多様化」について共同研究で取り組む
1996年 沖縄県工業試験場へ果実酢研究のための研究員派遣
1997年 琉球大学農学部安田正昭教授、(株)トロピカルテクノセンターと「大豆蛋白質発酵食品の開発」について共同研究で取り組む
2001年 特許出願:「サトウキビポリフェノールに関する」特許出願
2002年 沖縄産学官共同研究推進事業「サトウキビ由来生体調節機能を利用した商品生産システムの開発」を沖縄県農業試験場、琉球大学医学部との共同研究で取り組む。 「フルー酢(シークァーサー)」 ”沖縄県産業祭り 県知事優秀賞”受賞 「紅麹菌に関する」特許出願 「食酢に関する」特許出願
2003年 沖縄産学官共同研究推進事業 「紅麹菌を用いた保健機能因子強化食品の開発」を琉球大学農学部、琉球大学医学部との共同研究で取り組む。
紅濱の唐芙蓉(豆腐よう)は、沖縄産業祭県知事賞受賞した他、テレビ・雑誌等、多数のメディアで紹介されている人気商品です。酒のつまみなら紅濱